ビル設備管理の仕事まとめ

ビル設備管理の仕事に必要な資格

ビル設備管理は巨大な建物の設備を管理して、保守するのがお仕事です。建物には、電気、水道配管、空調と色々な機械や設備機器が設置されています。点検をして異常を発見することが求められています。

そのためには設備の知識が必要です。知識をつけた証明として国家資格が求められます。主に危険物乙種4類、2種電気工事士、ボイラー2級、冷凍3種の4種類の資格を取得しておけばビル設備管理の仕事に役に立ちます。

危険物乙種4類はガソリンスタンドなどで危険物を扱うのに必要な資格で人気があります。危険物とは、消防法では火災の危険が高いものを危険物としています。多くの現場には非常用の発電機があり、重油などの燃料を扱っています。小さい現場だと、燃料の量が指定数未満で有資格者が必要ない場合もあります。2種電気工事士は4種類の中で一番持っておきたい資格です。

現場で2種電気工事士の資格保有者が必要になるからです。屋内配線工事や外線の配線工事、冷暖房設備の仕事ができるようになります。どれもビル設備管理に関係する内容です。最近ではボイラーの資格不要の貫流ボイラーが増えてきているのでボイラー2種の資格も弱くなってきてはいます。それでも古い現場や大きな現場ではボイラー2級の資格保有者が必要になっています。

冷凍3種は一日の冷凍能力が100t未満の製造施設における製造にかかわる保安ができるようになります。一定規模以上の冷凍設備がある事業所はこの資格を保有している者から冷凍保安責任者を選んで、都道府県知事に届けることになっています。

この4種類がビル設備管理の基本資格となっています。このほかにも消防設備士の資格があれば自動火災報知機やスプリンクラー、煙感知器や熱感知器といった設備に関するものを、取り扱ったり、工事したりできる仕事です。乙と甲に分かれていて乙は点検のみ出来る資格で、甲は点検と工事ができる資格です。

これらの資格をとって経験を積んでいき、ビル設備管理で最高峰の資格である3種電気主任技術者、エネルギー管理士、建築物環境衛生管理主任技術者をとれたら、現場責任者になる事もできます。

3種電気主任技術者の試験難易度は年々難しくなってきてますが取れれば給料を上げる強い味方になります。エネルギー管理士も3種電気主任技術者並にとることが難しいです。3種電気主任技術者の勉強範囲とエネルギー管理士の勉強範囲は重なるので3種電気主任技術者を先に狙った方が効率がいいです。

建築物環境衛生管理主任技術者を取得すると、資格手当てなどの給料が増えるだけではなく現場の副責任者的なポジションを任せられるチャンスがあります。