ビル設備管理の仕事まとめ

ビル設備管理の就活事情

ビル設備管理の求人は多いです。ただし、ほとんどの求人が経験や資格を要求しています。ビル設備管理の仕事は、資格を持っているか持っていないかで年収も違ってきますし、資格さえあれば、年齢で落とされることはないでしょう。つまり、ビル設備管理の就活に際して資格を持っていることは非常に有利になります。

■転職に困らないために・・
資格を持っていれば職に困らない?ビル設備管理の仕事は、空調設備、熱源設備、給排水設備など多岐にわたります。専門的な技術は必要ありませんが、設備に関する膨大な量の知識が必要です。極端に言うと、浅く広く知識が必要な業界です。

また、法律上、有資格者の選任が義務付けられている施設もありあます。例えば、一定規模のボイラーを施設している場合には2級ボイラ技師の資格を持った人が取扱作業主任者として選任されなければならないなど有資格者が必ず必要な施設もあります。最低でもビル管理の職業に就きたいのなら、乙種第四類危険物取扱主任者、2級ボイラー技士、第二種電気工事士などの資格を取得しておいた方が良いです。

これらの資格を持っていたからと言って、何か特別な技術や知識が身につくわけではありませんが、やはりこの不景気。条件の良い求人には多くの申込みがあります。書類選考等で落とされないためには最低でも乙種第四類危険物取扱主任者、2級ボイラー技士、第二種電気工事士くらいは取得しておいた方が良いでしょう。

例えば、車の免許を持っていない人が「私は車の運転が上手いです」などと言っても説得力がないのと同じで転職・就活の際に資格を持っていることは大きなメリットになります。キャリアアップを目指したいなら、第三種電気主任技術者、ビル管理士、エネルギー管理士等を取得すればその会社を退職したとしても職に困ることはないのではないでしょうか。

また、資格を持っていることで基本給が変わってきますし、資格手当を採用している会社もありますのでその点でも有利です。

■ビル設備管理の求人を探している人へ・・
系列系を探すべし!ビル管理会社には所謂独立系と系列系があります。給料や福利厚生面でもやはり系列系と言って、自社のグループ会社の管理をする会社の方あ待遇が良い場合が多いようです。

やはり、独立系は契約によって他社の施設の管理を請け負うので安くたたかれたり、評判が悪いと一年で契約を打ち切られる可能性もあります。ですから、独立系には契約社員の募集が多いです。原則更新でしょうが、一年ごとに不安な気持ちにならなければならなくなります。ですから、できれば系列系のビル設備管理会社が就職するには良いでしょう。

■年収はピンキリ?給料は少なくてもスローライフを目指せる?
ビル設備管理の給料は平均280万円くらいと言われていますが、正直ピンキリかと。平均値は確かに安いですが、系列系で500万円くらいは十分に目指せるのではないかと思います。給料自体は平均的にもそんなに高くはないですが、残業が少なく仕事のプレッシャーもまあ場所によりけりですがそんなにないのではないので自分の時間を大切にしたい人には良いかと思います。