ビル設備管理の仕事まとめ

ビル設備管理の仕事の将来性は?

平成20年以降の金融危機から不動産産業は低迷して、都心オフィスビルや分譲マンションともに長く低迷していましたが、近年アベノミックスのおかげで新築マンションが増加して、複合施設の受注も増えています。

そのおかげで管理個数も増加で業績が拡大する要因になっているので今はビル設備管理を取り巻く環境が変わってきています。仕事内容がビルのサービスなので、不動産市場の影響を受けます。

近年はマンションブームや複合施設の建設の需要が伸びているほかに高齢社会になってきているので戸建てよりもマンションのような集合住宅が好まれている傾向があるので、プラス要因が期待されています。ビル設備管理は人件費の占める割合が高い労働集約型産業であるので、パートや派遣社員などの非正規雇用の割合が高いため、保有資格の多さだけでなく、これらの人員を管理できるコミュニケーション力が高い人材が重宝されます。

技術を持った人材の市場価値もより高まります。技術者の高齢化が労働人口を減らしていく拍車をかけています。その中で若い技術者はさらに市場価値が高まります。極端にいえば人手不足の状態になることは確実です。そうなればどこの会社も高額報酬を払っても人材を確保しようとしますので、希少価値の高い人材となるのです。

仕事の内容が幅広いので、ユーティリティープレーヤーは市場価値がさらに高まります。これから経済が発展していくのしたがって、文化も進歩していくので、施設は無くなりません。

これからのビル設備管理は、従来の業務に加え、地球環境保全の実現に向けて省エネ、省力、省コストをいかに進めていくのがポイントとなりビルの不動証券化や建設及びメンテナンスにおけるPFI事業の普遍化、企業の管理体制のスリム化や経費削減に向けたアウトソーシングやビルのマネジメントに対応していかないとなりません。

若者の技術者が減少傾向にあるので、そのため人材の育成に力を入れている企業が多く、求人においても有能な人材を優遇する制度を設けたものがあります。ビル管理設備はその中で代表的な仕事であり、関連した資格や実務経験かある人材は貴重です。

技術指導を前提としてこうした人材を募る企業も多く、いかにそうしたニーズが高まっているのかわかります。ビル設備管理は人々の日々の生活と安全に関わる仕事であるため、生活には欠かせない仕事であるといえます。そうした背景からも、これら専門職の需要を高める要因です。