ビル設備管理の仕事まとめ

ビル設備管理の仕事まとめ

ビル設備管理の仕事は建物の管理に関する浅く広い知識が求められ、専門的トラブルは外部の業者に依頼するためビルの総合監督です。ビルには電力設備、空調設備、給排水設備、機械設備、ボイラーといった多種にあるのでそん設備がスムーズに稼動するように巡回、点検、改修、清掃などをおこないます。勤務場所は商業ビルを中心にホテルや大学などを担当します。

電力設備の管理は高圧電流をエレベータや照明、各部屋のコンセント等に分配します。ショートや漏電を防ぐために、変電装置などの電力設備を正しく操作をして、電力計や電圧計、電流計を監視します。空調設備では室内の温度などを管理するために冷暖房機を操作をします。

冷暖房機のフィルターを掃除をして冷暖房の効率を上げるのもビル設備管理の仕事です。給排水設備では貯水槽やポンプ、排水の処理に関する管理、点検、保守を担当します。貯水槽は藻の発生を防ぐために定期な清掃が必要なので外部の清掃業者に手配することも仕事です。

機械設備ではエレベーターや自動ドアなどの機械設備の点検、保守をします。メンテナンスが必要な時はメーカーに連絡します。空調、ポンプ、熱湯給水などはボイラーで動いています。大きなビルではボイラーも大きいのでかなり高温で動かしていますので、正常で安全に動かすために細心の注意が必要です。

建物巡回して損傷や消耗、老朽化している所をチェックします。電球などの消耗品の交換や室内空気や排水の汚れの定期的なチェック、空調機の定期清掃、貯水槽の清掃のチェックもビル管理清掃の大事な仕事です。省エネによるコスト削減、最適な変電、ボイラー出力の調整、空調の清掃などで無駄を見つけては改善をはかりどれだけコストを削れるのかはこの仕事の醍醐味です。

担当するビルの価値の向上させる事はビル設備管理の最も大事な仕事です。老朽化による修繕計画も担当します。ビルで様々な不具合が起きたら対処しないといけないので機械の構造や仕組みなどを理解していないといけないので電気知識は必要です。不具合の原因を突き止めるためて対応できる思考とトラブルの時でも冷静さは必要です。

日ごろは地道な作業が多いので、コツコツと仕事をする根気も必要です。高電流や高温のボイラーなど危険がある設備を担当しているので安全への責任感がなければなりません。設備管理には勉強が終わりが無いぐらい幅広い知識が必要なので就職してからも、資格や設備について勉強を続けてなくてはならない仕事です。そういう背景もあり、ビル設備管理の求人サイトを見ると大概が、資格支援の条件が記載されており、勉強して成長したいという意欲のある人を積極的に採用する傾向があります。